教育体制・強み

研修医と向き合い、育てる教育方針

少人数制だからこそ叶う、マンツーマン指導

限られた人数に対し密度の濃い指導を行う為、吸収も早く、内容の詰まった研修を受ける事ができます。

知識だけでなく実践を。習うより慣れて学ぶ研修

身をもって体験してもらう事で、まず現場に慣れていただきます。知識を与えるだけでなく、患者さんと向き合い、 接していただく事で、より早く理想の医師に近づいていただけるようサポートします。

研修医一人一人を大切に育てる病院

より良い環境で学んで頂く為のサポート体制

  1. 年に1回、研修管理委員会を開催、研修医への指導がちゃんとなされているか厳重チェックし、 指導内容を随時確認しています。
  2. 月2回の研修医セミナーや日々のカンファレンスでコミュニケーションをしっかり取るようにしています。
  3. 看護部からのメンタルケア
    厳しい指導ばかりではなく、サポート体制としてメンタルケアも充実させています。

研修医(過去4年間)の出身大学

滋賀医科大学7名京都府立医科大学5名
大阪医科大学1名山梨大学1名
奈良県立医科大学1名関西医科大学1名
鳥取大学1名琉球大学1名
近畿大学1名福井大学1名
兵庫医科大学1名

研修医の進路

初期研修終了後の研修先

入職年度研修先
29年度滋賀医科大学附属病院、京都府立医科大学附属病院、京都岡本記念病院
28年度大津赤十字病院、京都府立医科大学附属病院、京都岡本記念病院 他
27年度当院
25年度当院(脳外科後期研修のため、滋賀医科大学附属病院へ)
24年度当院
23年度当院
22年度滋賀医科大学附属病院
21年度大津赤十字病院、京都府立医科大学附属病院、武田病院、当院
20年度近江八幡市立総合医療センター、京都大学医学部附属病院、
国立国際医療研究センター、大津赤十字病院、当院

卒業生からのメッセージ

総合診療科
玉川 裕一郎 Yuichiro Tamagawa
出身大学 大阪医科大学

草津総合病院を選んだ理由は、アトピー性皮膚炎の要素が大きかったです。大抵の病院で診てもらえるcommonな疾病ですが、研修先を決める時期が最も病態がひどくて、全身が痒くて血が出て皮膚がボロボロでした。今の病院の皮膚科を紹介されて、食事や投薬面から適切な治療をしていただき、今ではあまり気にせず勤務できています。ストレスフルな研修医生活でアトピーが悪くなるのが怖かったんだと思います。