理事長あいさつGREETING

次の新たな
ステージに向けて
社会医療法人誠光会 理事長 / 北野 博也

誠光会草津総合病院の始まりは、昭和50年に水野光邦先生が開院した水野外科医院でした。平成18年4月に草津駅近くの旧病院から、ここ矢橋町に新築移転しました。また、草津市には市民病院がないため、平成20年に「公益性の高い医療」の担い手として社会医療法人として認可され、個人病院から社会医療法人へと変わりました。現在ベッド数は619床、職員数1358名と県下第2の規模です。そして、当院は平成18年9月に管理型臨床研修病院指定、同11月地域災害拠点病院認定、平成22年10月滋賀県地域がん診療連携支援病院指定、平成25年8月滋賀県地域医療支援病院に認定されました。

昨年度当法人において、医療の分野ではD棟の竣工、健診センターの移転、産婦人科病棟のリニューアル、MRI装置の増設など、患者さんがより利用しやすく、充実した医療を提供できるよう邁進してまいりました。介護の分野では、グループ法人誠光福祉会えんゆうの郷2号館の着工、介護老人保健施設草津ケアセンターが超強化型施設基準(在宅復帰・在宅療養支援機能の最上位基準)を取得するなど、これからの超高齢化社会に対応し、地域の皆様の力となれるよう更なる基盤の強化を目指しております。

ところで、社会医療法人誠光会の基本理念は、「誠心誠意を尽くし、一隅を照らす光のごとく人々に幸せをもたらす活動を行う」です。その意味を簡単に説明しますと、「自分自身が置かれたその場所で、精一杯努力し、光り輝き、さらには周りも照らしていく」ということであり、やがて社会全体が明るく照らされ、結果、国や世界が豊かになることを願っているのです。この理念に基づきわれわれは、「他人に対する親愛の情、優しさ」を意味する“仁の心”で、医療・看護・介護にあたり、地域の皆様に安心と安全、そして高度な医療を提供しようと考えています。同時に、柏木厚典会長の「変革への挑戦」という目標を掲げ、診療スタッフの充実、組織改革の実施及び救急患者受け入れ体制の強化等を通じて病院組織を活性化して理想とする医療を追求して行く所存です。

最後になりましたが、今後も地域の皆様に安心して医療の提供を継続できるよう全力を挙げて努力しておりますので、何卒温かいご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。