電話するアクセスお問い合わせ 077-563-8866(代表) 滋賀県草津市矢橋町1660
× CLOSE
Hearty Medical Care

呼吸器外科

縦隔腫瘍

両側の肺に挟まれた領域。

縦隔は左右を肺に挟まれた領域で、その内部には心臓大血管や胸腺、気管、食道、リンパ節などが含まれます。縦隔はさらに細かく、上縦隔・前縦隔・中縦隔・後縦隔に分かれます。
この領域にできた腫瘍をまとめて「縦隔腫瘍」と表現しますが、その内容は様々です。
縦隔腫瘍にはできやすい好発部位があります。
部位 できやすい腫瘍
上縦隔 甲状腺腫
前縦隔 胸腺腫胸腺がん、胸腺のう胞、胚細胞性腫瘍
中縦隔 気管支のう胞、心膜のう胞、悪性リンパ腫
後縦隔 神経原性腫瘍

*赤字は悪性腫瘍

多くの場合は無症状。

縦隔腫瘍は多くの場合は無症状で(特に良性腫瘍)、検診や他の病気の検査でCTを撮影した際に初めて発見されます。悪性腫瘍では、腫瘍の拡大に伴い、周囲の臓器を圧迫・浸潤し、胸痛、咳、呼吸困難、嗄声(声がかすれる)、嚥下障害(ものを飲み込んだときにつかえる感じ)などが出現します。

診断・治療を兼ねて手術を行います。

診断を確定させるためには、腫瘍の一部を採取する必要があります。ただ、解剖学的に、手術以外の方法で腫瘍の一部を採取することは困難なため、治療も兼ねて腫瘍の切除を行います。また縦隔腫瘍は良性であってもがん化や感染による増大のリスクがあり、原則として手術による切除が必要となります。

胸腔鏡手術が可能です。

側胸部の0.5cm~4cm程度の小さな傷3か所で、縦隔腫瘍を切除することが可能です。当院では安全かつ効率よく切除を行うために、人工気胸下(胸腔内に二酸化炭素ガスを充満させることで肺を十分に虚脱させ、視野を確保し、微小出血をコントロールする方法)での手術を導入しています。
腫瘍が大きい場合(4cm以上)、または血管や心臓への浸潤が疑われる場合は、胸骨正中切開による手術が必要となります。

悪性腫瘍の場合、診断確定後の追加治療が必要になることも。

胸腺腫

胸腺腫は、胸腺組織から発生する腫瘍です。比較的ゆっくり増大する腫瘍ですが、進行すると周囲の肺、心臓、大血管や胸腔に広がっていくこともあります。

病期 詳細 5年生存率
Ⅰ期 完全に被包化されている 100%
Ⅱ期 周囲の胸腺・脂肪・縦隔胸膜への浸潤 98.3%
Ⅲ期 心膜、肺、大血管などの周囲臓器への浸潤 89.2%
Ⅳa期 心膜播腫あるいは胸膜播腫 73.1%
Ⅳb期 リンパ行性あるいは血行性転移 63.5%
(正岡分類)

Ⅱ期であれば術後放射線治療を考慮します。
Ⅲ期・Ⅳ期であっても、放射線治療や化学療法を併用し、可能な限り腫瘍を切除することが望ましいとされています。
また胸腺腫の患者さんは他の病気を合併している場合があります。合併症としては免疫系に関係する病気が多く、中でも最も多いのが重症筋無力症です。重症筋無力症は全身の筋力が低下する病気で、これを合併した胸腺腫では、拡大胸腺摘出術(胸腺と周囲脂肪組織をひとかたまりに切除)を行うことで、重症筋無力症の症状を改善させることが可能です。

胸腺がん

胸腺に発生したがんのことです。

病期 T(腫瘍の浸潤) N(リンパ節転移) M(遠隔転移)
Ⅰ期 T1:腫瘍は被膜に包まれる N0:転移なし M0:転移なし
Ⅱ期 T2:被膜外の脂肪に浸潤 N0 M0
Ⅲ期 T1、T2 N1 前縦隔リンパ節 M0
T3:心膜等周囲臓器に浸潤 N0、N1 M0
Ⅳ期 T4:胸膜または心膜播腫 Any N M0
Any T N2,3:N1以外のリンパ節 M0
Any T Any N M1:遠隔転移

Ⅱ期であれば術後放射線治療を行います。
Ⅲ期・Ⅳ期では、手術療法、放射線治療、化学療法含めた集学的治療を行います。

胚細胞性腫瘍

若い成人男性に発生します。
精上皮腫(セミノーマ)、胎児性がん、がん奇形腫、卵黄嚢がん、絨毛がん等があり、治療の中心は化学療法になります。
呼吸器外科では診断目的の手術や、化学療法後の残存腫瘍切除等を行います。

悪性リンパ腫

診断が付き次第、化学療法を行います。治療は血液内科が担当します。呼吸器外科では診断目的の手術を行います。