電話するアクセスお問い合わせ 077-563-8866(代表) 滋賀県草津市矢橋町1660
× CLOSE
Hearty Medical Care

肥満症外科治療センター肥満症、糖尿病治療の新たなアプローチ

よくあるQ&A

各質問をクリックすると回答が展開します。

「肥満症」とはどんな状態のことですか。

肥満症とは、肥満具合を表す指標(BMI※)が25以上であることに加え、高血圧や脂質異常、糖尿病など、肥満に起因ないし関連する健康障害を合併するか、その合併が予測され、医学的に減量を必要とする(減量により改善、進展の防止が可能な)病態を指します。 また、内臓脂肪蓄積が疑われたり、腹部CT検査で確定診断された内臓脂肪型肥満も含みます。

あなたの体格指数(BMI)は?

BMI計算式 [ BMI = 体重kg ÷ (身長m)² ]


あなたのBMIは kg/m²です。

肥満度分類
BMI値 判定
18.5未満 低体重(痩せ型)
18.5〜25未満 普通体重
25〜30未満 肥満(1度)
30〜35未満 肥満(2度)
35〜40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

肥満減量手術を受ける際に条件などはありますか。

現時点ではBMI値が35以上で、糖尿病・高血圧症・脂質異常症・睡眠時無呼吸症候群のいずれかを合併していることが条件です。ただ、この条件を満たせば必ず手術をするわけではありません。手術が患者さんにとって有益かどうかを慎重に判断した上で、決定します。

具体的にどんな手術をするのですか。

「腹腔鏡下スリーブ状胃切除術」といって、全身麻酔のもと、胃の大部分を切除して細い筒状にし、胃の容量を激減させることで食事摂取量を強制的に減少させます。お腹のキズは小さく、回復が早いのが特徴です。2014年4月から保険適用されています。

手術はすぐに受けられますか。流れを教えてください。

下の図の流れを、初診から手術まで約6か月かけて行います。

 
  • 医師による診察(肥満代謝内科・外科)
  • 看護外来・栄養指導・心理カウンセリング
  • 1週間入院(リハビリ導入・2次性肥満の除外)
  • 手術可能な体か検査(腹部CT・胃カメラなど)
  • チーム内の多職種で術後の生活改善が可能かを判断
  • 手術

術後はどれくらいやせますか。

個人差はありますが、平均で、超過体重(理想的な体重を超えた分)の約7割は減ります。また、術後1か月間は水と流動食のみの食事となります。職場への復帰は仕事内容にもよりますが、約1週間で退院しすぐに職場復帰される方もいます。

肥満症減量手術は、どの病院でも受けられますか。

現在、日本国内で手術が行える病院は数少ないですが、当院は日本肥満症治療学会の認定施設の1つです。当院ではこれまで、約70例の肥満減量手術を行ってきました。

草津総合病院での肥満減量手術の特徴を教えてください。

他院では手術を避ける傾向にあるBMI70以上の方、日本語が不得意な方、透析患者さん、がん患者さんへの実績があります。特にポルトガル語と中国語の医療通訳が常駐しているので、外国人の患者さんも安心して手術を受けていただけます。

費用はどの程度かかりますか。

通常3割負担で379,000円程ですが、高額療養費制度/高額医療費制度(限度額適用認定証)を利用していただくと101,000円程となります。(食事代、差額ベッド代は別途必要です/2020年度4月時点)