電話するアクセスお問い合わせ 077-563-8866(代表) 滋賀県草津市矢橋町1660
× CLOSE
Hearty Medical Care

循環器内科

概要

当院循環器内科は滋賀県湖南医療圏の循環器疾患における基幹病院として、平成18年病院開設以来「心臓血管・心不全センター」として、心臓の働きが破綻した心不全はもとより、その背景となる虚血性心疾患、高血圧症、心筋症、心臓弁膜症、不整脈疾患、末梢血管疾患診療など、循環器疾患全般について心臓血管外科と共に最新の治療と医療技術で地域医療に貢献しています。日本人の死因の約1/3が心臓血管死であること、75歳以上の高齢者においてはがんよりも心不全による死亡が多いことから「心臓と血管」そして「心不全」を診療の中心にすえて常勤循環器内科医師7名(うち4名が循環器専門医)、非常勤医師1名(循環器専門医)の8名体制で、すべての循環器疾患に対応しております。心臓血管病の予防、診断から、末期病態である心不全に対する国際開発薬による先端治療への取り組み、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症または下肢動脈閉塞に対するカテーテル治療や不整脈に対する心臓カテーテルアブレーション治療、そして心臓リハビリテーションを促し社会復帰を早期に図る包括的な心臓血管診療をスペシャリストが担うことをモットーとし、患者さんの生活の質の向上や生命予後の改善を目指しています。

一日平均外来患者数:約60名(2015年度)
年間入院患者数:850名(2015年度)

診療内容

心不全

近年の高齢化社会に伴い心不全症例が増加し続け胃がんの死亡率よりも高い死因となっています。息切れや疲れやすいといったよくある症状が心不全のサインであり、的確な診断と破綻した循環動態を管理し症例に応じた最適な薬物治療を駆使して、ICU管理となる重症例まで幅広く治療にあたっています。またリハビリテーションと連携して心臓リハビリテーションに力をいれており早期離床、社会復帰に貢献しています。

狭心症、心筋梗塞

心臓に血液を送る冠動脈という血管がプラーク沈着のため狭くなり心臓の血流低下、機能の悪化をきたす虚血性心疾患においては、特に発症早期死亡率の極めて高い急性心筋梗塞には24時間体制で対応し、冠動脈ステント留置術、最近では薬剤溶出性バルーン(Drug Coating Balloon)など多様な機器を適切に用いて、症例ごとに心臓血管外科チームによるバイパス外科治療も含めた最適な治療を提供しています。年間約450症例の冠動脈(心臓)カテーテル検査を施行し250症例程度の患者さんがカテーテル治療(冠動脈形成術、ステント留置術)を受けておられます。

心臓弁膜症、心筋疾患

心臓弁膜症、および心筋疾患では従来からの僧房弁狭窄にたいするPTMC(経皮的僧房弁交連切開術)に加えて重度の大動脈弁狭窄に対するブリッジ治療としてPTAV(経皮的大動脈弁形成術)を開始しております。高齢の大動脈弁狭窄患者に対しても低侵襲で行えるため、手術療法やTAVI治療の適応となりにくい症例でも手術可能であり、注目される治療です。閉塞性肥大型心筋症に対するPTSMA(経皮的中隔心筋焼灼術)でも実績を重ねております。もちろん、外科的手術療法が必要な症例に対しては、当院心臓血管外科と緊密に連携しチーム医療で診療にあたっております。

閉塞性動脈硬化症

糖尿病患者さんの増加に伴い患者数が増加している末梢血管病変において、特に下肢閉塞性動脈硬化症の治療に注力しています。下肢の壊死を伴うような重症下肢虚血に高い効果があり、下肢切断を回避できる場合も多くあります。心臓血管外科やフットケアチームと連携しながらカテーテル治療を行っており、年間50症例程度の患者さんが治療を受けておられます。

不整脈

平成25年度に不整脈外来開設を行い、不整脈に対するカテーテル治療は発作性上室性頻拍の頻拍症からスタートしました。平成26年度からは、脳卒中の原因となる心房細動に対するカテーテルアブレーション(肺静脈隔離術:PV isolation)を開始しております。現在不整脈診療チーム全体の技術向上により心房細動を安定的に治療していくことが可能となっております。年間50症例程度の患者さんが治療を受けておられます。

診療実績

  2014年 2015年 2016年
情報量が多い場合に横にスクロールできます。
冠動脈造影(CAG) 428 453 469
冠動脈形成術(PCI)症例数 203 242 271
下肢動脈形成術 41 38 77

ペースメーカー移植術

(ジェネレーター交換含む)

27 27 42
アブレーション治療 14 32 27
心筋シンチ 134 274 272
心エコー 3,173 3,986 4,410
冠動脈CTA 338 392 430


関連ページ

2018/10/12 病院評価指標

2018/09/05 スタッフ

2018/09/05 スタッフ