電話するアクセスお問い合わせ 077-563-8866(代表) 滋賀県草津市矢橋町1660
× CLOSE
Hearty Medical Care

乳腺外科

診断と治療

診断に関してはMMG, US, MRIの画像から太針生検(CNB), 吸引式組織生検(VAB)の組織検査で病理診断を行った後、CT(骨シンチ, PET)で全身の検査を行います。
その結果で必要例には化学療法を術前に行うことをお勧めしています。手術は根治性と乳房の整容性の両立を図り、①腋窩切開から(必要時内視鏡も用いた)乳房温存術、②センチネルリンパ節生検を用いた腋窩リンパ節転移の診断と治療、③自家組織(脂肪、筋)による欠損部の補填や乳がん再建術や乳頭乳輪再建術、を行っています。
術後は温存例や進行例には放射線治療を原則とし、術後病理結果から適切な薬物治療を追加し、再発を予防しています。また転移・再発例は心のケアと長期の延命を目指した積極的で柔軟な薬物治療を行っています。良好なQOLの維持のため早期から緩和治療も行っています。
今後インプラント再建の導入も検討しますが、当科では乳房の健常部の温存と自家組織による再建を第一に考えています。

検査の種類


マンモグラフィ


超音波検査


MRI検査


吸引式組織診

初期治療の考え方と全体の流れ

  • 乳がんと診断され、最初に受ける治療群が「初期治療」です。
  • 初期治療には、局所治療(外科手術、放射線療法など)と、全身治療(化学療法、ホルモン療法、抗HER2療法など)があります。
  • 治癒を目的として十分な治療をします。
  • 治療終了後は経過観察します。

治療法の決定

  1. がんの進行度

    しこりの大きさ・数・位置、腋窩や鎖骨のリンパ節への転移、他臓器転移の有無

  2. がんの悪性度

    病理結果、ホルモン感受性、HER2の程度、増殖指標(K167)など

  3. 全身状態

    合併症の有無、年齢など

これらを検討し、病状をきちんと説明した上で治療法を提案します。自分にとって最も適した治療法を選択していただきます。

診断・治療のフローチャート