電話するアクセスお問い合わせ 077-563-8866(代表) 滋賀県草津市矢橋町1660
× CLOSE
Hearty Medical Care

各診療部門によるがん治療

手術

内視鏡による手術(カメラ)

早期食道がん、早期胃がん、早期大腸がんに対し、内視鏡的粘膜切除、内視鏡的粘膜下剥離術により、内視鏡的に切除します。また前がん病変の胃線種、大腸線種に対し、同様の手技にて発がん予防を行なっています。
進行食道がん、進行胃がん、進行大腸がんに対し、経口摂取のため、排便のため、また、悪性胆管狭窄に対し、胆管ステントを挿入することにより、黄疸を軽減し、QOLを向上させます。

開腹手術

進行した胃がんや大腸がんでは、ガイドラインに沿った開腹手術を選択します。
当院の特徴は、腹膜播種を伴う進行したがんでも切除可能と判断すれば、腹膜切除と温熱化学療法という積極的な治療法を取り入れていることです。
とくに、腹膜偽粘液腫や大腸がん腹膜播種の5年生存率はそれぞれ20~50%と5~10%以下と報告されていますが、腹膜切除を用いた当院での治療法による5年生存率はそれぞれの疾患で85%と45%と、通常の治療法では得られない良好な成績を上げています。

腹腔鏡下手術

腹腔鏡(ふくくうきょう)手術、Laparoscopic Surgeryは小さな傷で、痛みが少なく、入院期間が短いなど、患者さんにとってメリットのとても多い手術です。近年の器械と技術の進歩により腹腔鏡で手術できる病気は大幅に増加していて、我が国でも年々盛んになっています。ただ、新聞等で報道されているように、腹腔鏡特有の合併症もあるのは事実です。
しかし、この草津総合病院では、2005年に新病院に移転する以前から、外科を中心に腹腔鏡手術を多く手掛けており、新病院に移転してからは、産婦人科、一般・消化器外科など、多くの外科系手術を腹腔鏡で行っており、安全な術式のための工夫を重ねてきました。

胸腔鏡下手術

最近は4cmの傷1か所と1-2cmの傷2か所で、カメラを挿入しテレビモニターで胸腔内を観察しながら行う胸腔鏡下手術が多く行われるようになってきました。
当院でも胸腔鏡下手術を導入しています。傷の痛みが最小限で体への負担も少ないため、手術翌日から歩行や食事も可能で、術後1週間以内での退院も可能です。

その他(脳神経外科)

開頭術

髄膜腫をはじめとする良性腫瘍や転移性脳腫瘍、グリオーマなどの悪性腫瘍に対して開頭による顕微鏡下の摘出術を行っています。腫瘍の部位や種類によって、蛍光色素による発色法を用いてより鮮明に腫瘍部位を区別したり、手術の安全性の確保のための術中モニタリングを併用することもあります。

経蝶形骨洞手術

下垂体部腫瘍に対して経鼻的な手術を行っています。最近は内視鏡を併用しておこなうことが多くなっています。

定位脳腫瘍生検術

悪性リンパ腫などの主に深部に存在する腫瘍に対しては定位脳手術装置を用いて生検術を行っています。

内視鏡手術

主に脳室内の腫瘍に対して内視鏡を用いた手術(生検)や併発する水頭症にたいして第3脳室開窓術を行っています。
手術治療だけでなく、術後の放射線化学療法も積極的に行っています。悪性リンパ腫に対するメソトレキセート大量療法、グリオーマに対するテモダール、アバスチンを組み合わせた治療、再発腫瘍に対しても2次、3次の化学療法を準備しています。

その他(頭頸部外科)

頭頸部がん

口腔や咽頭、喉頭といった我々が主に治療の対象としている部位は、息をする、声を出す、飲み込むなど、生活に直結した重要な器官が集中しています。頭頸部がんは、全てのがんに占める割合は5%程度と頻度は低いですが、多くの部位に様々な種類のがんができることが特徴です。口唇・口腔がん(舌がんが最も多い)、咽頭がん、喉頭がん、鼻・副鼻腔がん、唾液腺がん、甲状腺がん、頸部食道がんなどがあります。
頭頸部がんの治療にあったて、がんを治すことは重要ですが、同時にいかにこれらの機能を残す(機能温存や再建)が、もう一つの大きな課題です。近年、抗がん薬の開発や放射線治療機器の進歩により、手術療法と並び、化学放射線治療が頭頸部がん治療の柱となっています。
化学放射線療法は、長期的にはかなりの機能障害が生じますが、機能温存治療の中心になっています。しかし、治療が奏功しない場合や再発した場合には、手術療法が必要となります。頭頸部がん治療を行っていても、実際には手術療法が得意でない施設も多くあります。
我々は、頭頸部がん治療の2つの柱である手術療法と放射線療法に精通しています。再発腫瘍に対しても、積極的に手術を、可能なら機能温存手術も行っています。
当施設で行っている頭頸部がん治療の特徴は、満足な日常生活を送る上で必要な機能の温存や再建を積極的に行ない、良好な治療成績をあげています。



各診療部門によるがん治療