電話するアクセスお問い合わせ 077-563-8866(代表) 滋賀県草津市矢橋町1660
× CLOSE
Hearty Medical Care

各診療部門によるがん治療

化学療法

私たち外来化学療法室のスタッフは、患者さんが治療を安全・安楽に受けることができるように日々努めています。
スタッフ間でミーティングを行い、患者さんが生活上困っていることや、日々感じられている不安をくみとるよう努めています。そして、それらを患者さんと一緒に考え解決できるよう、医師・看護師・薬剤師等でサポートします。
不安なことがあれば、いつでもお伝えください。

化学療法とは

がんの治療には手術療法・放射線療法・薬物療法などがあり、薬物療法には抗がん剤を用いる化学療法、ホルモン療法、免疫療法があります。がんの化学療法とは、がん細胞を攻撃する抗がん剤を使って行う治療のことです。 抗がん剤は、がん細胞の増殖を抑えたり、死滅させる効果があります。手術後にがんが再発しないように、またがんの症状をやわらげ、患者さんそれぞれが自分らしい生活を送れるように、抗がん剤を使った治療を行います。

「化学療法室」とは・・・

化学療法は、外来で行う場合と入院して行う場合があります。昔は「抗がん剤治療は入院治療」が一般的でしたが、安全で有効性の高い抗がん剤や、短時間で実施可能な治療法の開発、副作用対策の進歩により、最近では多くの化学療法が外来で安全に行うことができるようになりました。

外来がん薬物療法は患者さんに以下のようなメリットがあります。

  1. 患者さんが家庭での生活を維持しながら、がん治療に取り組むことが可能になります。
  2. 自宅での生活を続けながら、外来で治療が受けられることで、精神的にも経済的にも負担が少なくなるでしょう。
  3. 体調がよければ、お仕事を継続することもできます。

外来化学療法室のご紹介

外来化学療法室は電動リクライニングチェア3台、ベッド4台の合計7床です(さらに予備の固定式リクライニングチェアが2台あります。)。担当の看護師、薬剤師が常駐し、主治医と緊密に連携しています。緊急の場合に主治医以外の応援の医師が駆けつける体制も整えています。

外来化学療法室の安全対策

  1. レジメン(薬の種類・量・投与方法・投与スケジュール)は、登録制で、院内の「がん化学療法委員会」で審査・承認を得たものを実施しています。
  2. 化学療法の開始と変更時には必ず医師によりインフォームド・コンセントがなされ、患者さん、ご家族の意思を尊重して、ご理解と納得のもとに治療を受けていただくように努めています。
  3. 薬剤の投与にあたっては、調剤する薬剤師、投与する看護師により、照合されるシステムになっています。

外来化学療法の流れ

1.予約

外来化学療法の予約は、主治医が行います。

2.実施の可否判断

当日、患者さんは外来化学療法室でまず採血などを行い、各診療科で主治医を中心に患者さんの全身の状態や検査データを確認し、化学療法実施の可否を決定します。主治医が実施可能と判断すると、抗がん剤の調製を開始します。

3.抗がん剤の調製

抗がん剤は投与量や投与スケジュールを誤ると重大な事故を引き起こす恐れがあるため、厳重な管理や正確な調製が必要です。ガウン、手袋、帽子を着用した薬剤師が安全キャビネット内で抗がん剤を調製します。薬剤師は医師が処方した内容を事前に何度も確認し、疑義のある場合には速やかに医師と連絡を取り、患者さんそれぞれにあった投与量・内容の確認を行います。

4.抗がん剤治療開始

看護師により薬剤の注射が開始されます。中心静脈ポートを設置されている患者さんではこのポートを穿刺、ポートを設置されていない患者さんでは腕の静脈を穿刺して血管確保を行い、薬剤の投与を開始します。

5.抗がん剤治療中

終了まで専従看護師が定期的に巡回し、副作用をいち早く発見する体制をとっています。また薬剤師が自宅での患者さんの様子や現在の状況をお伺いして副作用を確認し、適切な今後の方針や副作用対策を医師・看護師に提案します。

6.抗がん剤治療終了後

医師が安全を確認し、必要な薬剤の処方・次回受診の予約を行います。

7.会計

会計を済ませてお帰りいただきます。

8.ミーティング

外来化学療法室では、医師、薬剤師および看護師によるミーティングを行い、初めての患者さんには薬物療法の計画表、投与量、投与速度を再確認し、2度目以降であれば、前サイクルでの副作用の有無、注意点をチェックします。

  1. 初めての患者さんには、化学療法室での治療について担当看護師がオリエンテーションをいたします。
  2. 薬剤師による抗がん剤の治療スケジュール・副作用の説明を行っています。副作用を予防するために処方される内服薬等も最大の効果が得られるように服用タイミングなどをご説明します。自宅で起こる可能性のある症状についてや、体調不良となった際にどのように対応すればよいか、自宅で安静にするのか、またはすぐに病院に来るべき症状かなどを詳しくご説明します。
  3. 化学療法中の異常を早期に発見できるよう看護師が見回りますので、治療中はリラックスしてお休みください。本、雑誌、イヤホンを使用するCDやMDなどを準備されることもおすすめします。また、軽い飲食は自由です。ご家族のかたに付き添っていただくこともできます。

化学療法の副作用は?

多くの患者さんが心配されていることは、効果のことはもとより、副作用のことではないでしょうか?
抗がん剤はがん細胞に対して効果がありますが、正常な細胞も傷つけてしまうため、副作用が生じます。副作用は、抗がん剤の種類や量などの違いや個人差によっても異なります。吐き気や脱毛などは良く知られていますが、その他に血液成分の減少、皮膚障害、末梢神経障害、肝機能障害や腎機能障害、胃腸障害、間質性肺炎、アレルギー様の急性反応などがあります。
最近は副作用を予防したりやわらげるための治療も進歩し、特に吐き気を抑制する治療は非常に高い効果が得られます。重篤な副作用を早期に発見して対処することが大切であり、つらい症状は我慢せずスタッフにしっかりと伝えてください。



各診療部門によるがん治療