電話するアクセスお問い合わせ 077-563-8866(代表) 滋賀県草津市矢橋町1660
× CLOSE
Hearty Medical Care

病院評価指標

平成30年度 草津総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
  8. 医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数
ファイルをダウンロード

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 213 165 346 482 881 1016 1519 2315 1724 685

解説

当院は産婦人科や小児科など診療を含む総合病院として地域医療を担っており、小児(新生児)から高齢者までを対象に幅広い医療を提供しています。

したがって、患者の年齢層は70歳代がピークとなっていますが、年々高齢者の比率が高くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード

循環器内科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 155 4.76 4.47 0.00% 70.35
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 133 21.36 17.66 3.01 86.15
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 111 3.41 3.01 0.00% 69.06
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 62 3.45 3.15 0.00% 70.65
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 46 5.20 5.15 0.00% 65.59

解説

循環器内科で主に入院の対象になるのが、狭心症、心不全、不整脈の患者です。特に狭心症などの虚血性冠動脈疾患には24時間カテーテル治療を行う体制を取っており、緊急入院も多くなっています。

心不全は急性憎悪による入院が増えており、超高齢者が多いこと、入院期間が長くなることなどが特徴となっています。

消化器内科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 214 2.18 2.67 0.00 63.50
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 52 7.42 8.93 0.00 66.25
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 47 7.45 8.52 0.00 75.30
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 11.26 10.08 2.13 80.81
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 42 5.95 5.42 0.00 44.45

解説

消化器内科では、最も多い疾患が内視鏡的ポリープ切除を目的とした大腸良性疾患である大腸ポリープです。入院治療は短期入院のクリニカルパスを適応していますので、平均在院日数は全国平均より短くなっています。続いて多いのが虚血性腸炎で、その多くが救急外来を受診し緊急入院となっています。その他、内視鏡的治療の対象となる胃の悪性腫瘍、緊急入院を要する胆管胆のう結石や胆管炎、さらにウイルス性腸炎の患者が増えています。

糖尿病・内分泌内科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 72 15.67 13.90 0.00 62.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 39 21.72 12.58 0.00 83.44
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 28.61 20.92 6.45 88.26
100120xx99xxxx 肥満症 手術なし 20 17.25 16.28 0.00 48.80
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 16.76 17.66 11.76 87.24

解説

糖尿病内分泌内科では、糖尿病治療目的の患者が主となっていますが、他疾患が併発した場合も他科との協力で積極的に治療を行っています。

したがって、高齢者を中心とした尿路感染症、誤嚥性肺炎、心不全の患者が多くなっています。

最近は肥満症に対しても多職種によるチーム医療で患者の増加をはかっています。

消化器外科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060035xx97x1xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等21あり

83

41.92 36.03 0.00% 56.89
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等

75

5.88 4.96 0.00% 64.31
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 48 5.19 5.49 0.00% 34.71
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 9.94 7.55 4.26% 63.36
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 45 7.13 6.52 0.00% 63.07

解説

消化器外科で治療されている患者の主な疾患は、大腸癌、鼠径ヘルニア、虫垂炎、胆のう結石であり、以前からこの傾向に変化はありません。特に大腸癌の症例が多くなっていますが、腹膜偽粘液腫をはじめとする大腸癌由来の腹膜病変を有する患者が全国から当院の腹膜播種センターに紹介されているためです。

整形外科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 83 48.45 26.3 7.23 84.11
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 58 9.19 15.83 0.00 50.17
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 54 31.26 24.26 0.00 72.37
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 47 6.83 5.68 0.00 58.02
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 40 12.05 21.39 0.00 67.88

解説

整形外科における疾病の特徴は、高齢者の増加に伴い、大腿骨頚部骨折、椎間板ヘルニアなどの椎間板変性疾患、変形性膝関節症、外傷による前腕の骨折などが上げられます。
多くの症例が手術の対象になっていますが、平均年齢が高い疾患は入院期間が長くなる傾向にあります。

産婦人科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 271 6.57 6.16 0.00 43.93
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 80 6.45 6.28 0.00 42.83
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 46 3.80 4.85 0.00 66.50
120100xx02xxxx 子宮内膜症 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 43 6.70 6.75 0.00 34.70
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 29 2.93 2.96 0.00 45.07

解説

産婦人科の特徴は低侵襲性治療である腹腔鏡下手術を積極的に取り入れていることです。その結果、近畿地区有数の腹腔鏡下手術件数を誇っています。子宮あるいは卵巣の良性腫瘍が多くなっているため、対象者の年齢は若くなる傾向にあります。また子宮悪性腫瘍に対する治療も積極的に取り組んでおり、患者も増加傾向にあります。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
5大癌 StageI StageII StageIII StageIV 不明 再発 病期分類基準(※) 版数
胃癌 64 15 20 60 27 97 1 7,8
大腸癌 29 24 30 138 54 172 1 7,8
乳癌 13 12 14 1 7,8
肺癌 18 13 27 72 67 87 1 7,8
肝癌 12 35 1 7,8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

解説

胃癌の特徴として定期検診などで発見される場合はstageⅠ、症状が出現してから診断される場合はstageⅣが多くなります。最近は胃癌に対し内視鏡的治療であるESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を積極的に行っていますので、stageⅠでの紹介患者が増えています。また全身化学療法などを希望して紹介されるstageⅣあるいは再発の患者さんも少なくありません。

大腸癌ではstageⅠ~Ⅲの患者数に大きな差はありあませんが、stageⅣや再発の患者が多くなっています。これは他院で外科的治療の対象外とされていた患者が当院の腹膜播種センターを受診あるいは紹介されているためです。当院独自の新たな治療法を期待して全国から患者が訪れています。

乳癌はstageⅠ~Ⅱ、肺癌はstageⅣが多くなっています。

肺癌は再発する患者が多く、放射線治療や全身化学療法を行う症例が増えています。

肝癌の症例数は少ないものの比較的早期に見つかる症例も増えています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 35 7.14 56.40
中等症 206 24.72 80.74
重症 95 32.85 86.20
超重症 21 43.38 87.24
不明

解説

成人市中肺炎の重症度別では中等症が圧倒的に多く、続いて重症、軽症となっています。

最近は地域との先生方との連携が進み、重症化する前に入院治療が開始される症例が多くなっています。

肺炎は重症度が高くなると平均在院日数は明らかに延長します。また軽症肺炎は50歳代ですが、中等症になると80歳代となり、さらに重症化すると年齢はさらに高くなります。

重症化に伴い平均在院日数も明らかに長くなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等
ファイルをダウンロード

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
I63$ 脳梗塞 3日以内 142 57.77 75.29 9.27
その他

解説

当院はSCUを備えた救急告知病院であること、院内に24時間対応の脳神経内・外科医が常駐していることから、脳梗塞患者に対する治療体制は充実していると考えられます。

ほとんどの患者は発症から3日以内に診察され、治療成績も良好です。

治療開始も早くなるため在院日数も短くなっています。

一般に脳梗塞の患者は急性期診療後に回復期リハビリ病棟に移り、リハビリを継続しますので、入院期間は長くなっています。

 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード

消化器外科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 72 1.42 5.92 0.00 62.81
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 55 1.29 2.89 0.00 62.76
K7402 直腸切除・切断術(低位前方切除術) 54 2.37 38.81 0.00 53.72
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 51 4.53 11.88 3.92 61.35
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 50 1.92 10.92 2.00 64.08

解説

消化器外科には、院内の消化器内科の他、地域開業医からの紹介患者が増えており、胆石症や胆のう炎、鼠径ヘルニアが多くなっています。これらは原則、腹腔鏡下手術で対応しています。

腹膜播種センターには、腹膜播種に関連する転移性直腸癌症例が多いため、低位前方切除術の頻度が高くなっています。同様に、腹膜播種で来院され腹水貯留を認める場合には、CART(腹水濾過濃縮再静注法)を行っています。

整形外科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 97 1.31 28.37 0.00 69.76
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 84 4.48 97.95 5.95 76.24
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 72 1.29 11.58 0.00 58.72
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 50 1.60 10.70 0.00 66.98
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 46 1.80 6.24 0.00 50.00

解説

整形外科は、人工関節置換術、骨折に対する観血的修復術、さらに脊椎疾患に対する手術が主流となっています。人工関節置換術や大腿骨頭部骨折などの観血的手術後は、リハビリを実施するための術後日数が長くなっています。

産婦人科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 179 1.11 5.19 0.00 46.22
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 94 1.05 4.66 0.00 42.32
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 54 1.00 5.26 0.00 36.83
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 44 0.95 1.80 0.00 42.66
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 32 0.84 1.03 0.00 45.31

解説

産婦人科では、腹腔鏡下あるいは子宮鏡下での手術を原則にして術式を決定しています。これらはいづれも低侵襲の手術であり、クリニカルパスを利用して在院日数の短縮に取り組んでいます。治療成績は良好で、転院率は0%となっています。

消化器内科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 229 0.21 1.09 0.00 64.43
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 49 1.27 5.41 0.00 75.31
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 49 1.10 4.47 0.00 66.94
K654 内視鏡的消化管止血術 36 0.81 14.25 2.78 71.00
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 30 2.17 14.00 3.33 84.63

解説

消化器内科では、内視鏡的治療を専門とする医師がそろっていることから、手術(治療)はほとんど内視鏡的手術に関連したものとなっています。

いづれの手技(治療)においても確実かつ安全に診療できることを目指しており、術前、術後の在院日数は徐々に短縮されています。

循環器内科

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 145 1.62 2.88 0.69 70.33
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 67 3.09 11.61 1.49 78.04
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 32 1.66 2.63 0.00 66.22
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 27 4.04 12.33 0.00 82.56
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 19 1.63 1.95 0.00 71.42

解説

循環器内科では、狭心症や心筋梗塞などに対するステント留置術が最も多くなっています。

最近は四肢の動脈狭窄・閉塞に対するカテーテル治療も積極的に実施しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 異なる 13 0.14
同一
180010 敗血症 異なる
同一 22 0.24
180035 その他の真菌感染症 異なる
同一

180040 手術・処置等の合併症 異なる

同一 10 0.11

解説

いづれの傷病名の症例数及び発生率は、昨年とほぼ同率になりました。

入院契機に注目すると、同一の症例が増えており、特に敗血症では、同一疾患で繰り返し発症していることが推定されます。

また、DICでは異なる契機症例が多く、外科的治療後や呼吸器感染症や血液疾患に合併して発症していると思われます。手術や処置等合併症の症例数では、同一の契機が増えましたが、高度重症例や難度の高い症例の治療にあたっている結果と思われます。

 

更新履歴

2019/09/27
平成30年度 病院指標を更新しました。