手掌多汗症

 

手掌多汗症

手汗で困っていませんか?


 てのひらに多量の汗がでる病気(症状)を「手掌多汗症」といいます。

 活動している時や緊張した時などに、大量にてのひらに汗をかくため、社会生活に支障がでることがあります。

 

 

 

 

 

 

意外に多くの方が悩んでおられます。


 約20人に1人の方が手の汗で悩んでいます。

性別
有病率
平均発症年齢
全体
5.33%
13.8歳
男性
6.35%
15.0歳
女性
4.11%
11.6歳

 

発汗に特徴があります。


 25歳までに手の汗が多いことに気付く、左右てのひらに汗をかく、寝ている時は発汗が止まっている、
 1週間に1度以上の頻度で手汗で困ったエピソードがある、ご家族にも同じように汗をかく方がいる、
 日常生活に支障をきたす、などの特徴があります。
 全てあてはまる方もいれば、1つか2つしかあてはまらない方もいます。

 

重症度の判定はご自身でも可能です。


 重症度は4段階に分かれます。①が軽症で④が重症です。実際に手汗の量を測定するわけではありません。
 汗がどの程度気になるか、日常生活にどの程度支障があるか、の2点で判断します。
 汗の量が少なくても重症の方もいれば、汗の量が多くても軽症の方もいます。

 
発汗
日常生活
全く気にならない 全く支障がない
我慢できる 時々支障がある
ほとんど我慢できない 頻繁に支障がある
我慢できない 常に支障がある

 

手術で治ります。

 

 治療法として最も確実な方法は、胸部交感神経節切除術です。
 これは胸部の交感神経を一部切断する手術で、手術直後から手汗が減少します。手術は腋の下に3mm
 程度の孔を2ヶ所あけ、内視鏡を胸腔内に挿入して行います。手術時間は術中レントゲンで切除レベルの
 確認を行うため、片側約30分程度かかりますが、神経の切除操作自体は10分程度です。術後の傷は
 ほとんど目立ちません。2泊3日の入院で可能です。また保険が適応される治療です。

 


  
創部写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはご相談を。

 

 手術を受ける、受けないにかかわらず、まずは御相談にお越しください。日常生活において、具体的にどのようなことでお困りかを聞かせていただき、当院での治療はどのようなものか、どのような合併症があるのか等説明させていただきます。
月曜の午前中、金曜の午前中、土曜日の午前中の呼吸器外科外来でお待ちしております。


外来担当医表